各国の商習慣

アイルランド進出で知っておきたい商習慣・経済情報

更新日:

ギネスビール発祥の地であり、パブの文化が根付くアイルランドでは、街中の至る所にパブがあり、地域に欠かせない人々の交流場所になっています。

アイルランドの経済というと、福祉の最先端を走る北欧諸国や、イギリス、ドイツ、フランスなどの欧州主要国と比べ、どこかパッとしないイメージがあるのではないでしょうか。

実は、アイルランドはグローバル企業が集まる世界有数のIT大国であり、一人当たりの名目GDPでは、2014年に世界トップ10にランクインして以降、ルクセンブルクやスイスなどと並び上位をキープしています。

また、EUの中でも最低水準の法人税率が設定されており英語圏であることからBrexit に伴う英国からの移転先としても注目を集めています。

 

そのようなアイルランドへ進出したい、アイルランド企業と取引をしている方向けに、経済に特化した情報を共有いたします。

基礎から学ぶアイルランドの経済情報

アイルランドの基礎情報

  • 公用語:アイルランド語(ゲール語)及び英語
  • 首都:ダブリン(人口約134万人,2016年)
  • 人口:476万人(2017年)
  • 国土面積:約7.3万km²(北海道より一回り小さい)
  • GDP(名目):3,339億 USドル(日本は4兆8,721億 USドル)
  • 1人あたりGDP(名目) :7万638 USドル(日本は3万8,440 USドル)
  • 通貨:ユーロ (€) (EUR)
  • 宗教:約78%がカトリック教徒
  • レポート保有件数:59万件
  • 主要産業:金融,製薬,食品・飲料
  • 祝日:9日

もともと農業が中心産業のアイルランドですが、1990年代に積極的に外資系企業を誘致したことにより、ケルトの虎(Celtic Tiger)と呼ばれる好景気を生み出しました。

その後、2010年に金融危機で落ち込むも、政府主導で経済が復活、2017年のGDP成長率は7.8%と中国やインドなどを上回る成長を記録するなど、驚異の成長を遂げています。

前述のとおり、アイルランドの法人税率は12.5%と*他国の水準を大きく下回る法人税率が設定されており、その結果、アマゾン、アップル、グーグルといったグローバルIT企業や、グラクソ・スミスクライン、ノバルティス、ジョンソン・エンド・ジョンソン、ボシュロムといった製薬・医療機器メーカーがこぞってアイルランドに拠点を置いています。特に製薬企業の世界上位10社のうち9社、医療機器企業上位15社のうち13社がアイルランドに拠点を置いており、アイルランドから世界中に商品を輸出しています。

*OECDの発表によると、2018年の法人税率はフランス:34.43%、ドイツ:29.83%、米国:25.84%、英国:19%

出典:OECD TAX DATABASE

 

また、日本への輸出も医薬品類が最も多くなっており、全体では日本の貿易赤字が続いています。

対日貿易の主要品目(構成比):2017 年
日本の輸出:一般機械(21.9%)、元素及び化学物(18.8%)、輸送用機器(17.8%)、医薬品(10.6%)、その他の化学製品(9.4%)

日本の輸入:医薬品(35.6%)、精密機器類(27.4%)、電気機器(13.0%)、元素及び化合物(10.9%)、精油・香料及び化粧品類(4.6%)

貿易額  日本の輸出 日本の輸入 収支
2013年 1,045 3,665 △2,620
2014年 1,664 3,271 △1,607
2015年 1,109 7,207 △6,098
2016年 757 6,317 △5,560
2017年 818 4,918 △4,100

(単位:100万ドル)

出所:財務省「貿易統計」よりジェトロ作成

 

信頼のポイントはアイコンタクト!!アイルランド人との上手な付き合い方とは?

アイルランドのビジネスシーンでは、イギリスと同様に階級社会が根付いているため、特にオーナー企業である場合、担当者に決裁権のないことが多く、決裁者と直接話すことが最も重要だといわれています。

アイルランド人と信頼関係を築くためには、アイコンタクトが大切で、会話の中でしっかり目を合わす事が出来ない人物は信頼ができないと思う傾向にあるようです。

また、北アイルランドを巡っていまだイギリスとの間で対立を抱えているため、政治や宗教の話は避けたほうが無難です。天気やスポーツの話から少しづつ距離を縮め、信頼関係を築いていくことをオススメします。

 

アイルランドの決算書提出率は高いが、日付には要注意!

アイルランドでは、会社法により全ての企業に決算書を提出する義務が定められています。しかし、一定の規模以下の企業(貸借対照表の合計が約9億5,000万円以下、売上高約19億以下、従業員250人以下のうち2つ以上当てはまる場合)については提出が免除されます。また、Private companyの場合も提出が免除されています。

決算書を提出しない場合の罰金が明確に定められているため、提出率は高くなっています。

アイルランドの決算書提出期限は変則的で、前回決算書を提出した日から、21か月以内に新しい決算書を提出する必要があります

どんなに遅くとも、決算から約22ヶ月後に決算書が入手可能ということになりますが、一般的には決算期から半年以内に入手できることが多いようです。

クレディセイフでは、現地の官報やアイルランド企業登記局(Companies Registration Office)を初めとした様々な公的機関から情報を入手し、オンラインレポートを毎日更新しています。

 

アイルランド企業の売上高トップ10

法人税率の低いアイルランドでは、実際の本社機能はそのままに、登記上の本社のみアイルランドに移す企業が数多くあり、Accentureをはじめ、売上げ高トップ10社のうち5社がアメリカに本社機能のある企業となっています。

また、9位のShireは武田薬品工業に日本のM&A市場最高額となる約7兆円で買収された製薬企業で、この買収により、武田薬品工業は売上高で世界トップ10の医薬品メーカーとなりました。

しかし、時価総額をはるかに上回る巨額の買収により、財務内容が大幅に悪化したため、いかに早いタイミングでシナジーを生み出し、財務内容を改善できるかが今後の鍵となりそうです。

 

※2019/2/18時点、売上高は百万ドル、日本円は110円換算

 

10位  Ingersoll Rand(コングロマリット)

売上高:$14,600M(1兆6,060億円)

 

9位 Shire(医薬品製造)

売上高:$15,300M(1兆6,830億円)

  • CEO: Flemming Ornskov
  • Industry: Pharmaceuticals
  • HQ Location: Dublin
  • Website: https://www.shire.ie/
  • Employees: 23,044

 

8位 Allergan(医薬品製造)

売上高:$16,000M(1兆7,600億円)

 

7位 DCC(コングロマリット)

売上高:$16,600M(1兆8,260億円)

  • CEO: Donal Murphy
  • Industry: Conglomerates
  • HQ Location: Foxrock
  • Website: https://www.dcc.ie/
  • Employees: 10,500

 

6位 Adient(自動車部品製造)

売上高:$16,800M(1兆8,480億円)

  • CEO: Robert McDonald
  • Industry: Auto & Truck Parts
  • HQ Location: Dublin
  • Website: https://www.adient.com/
  • Employees: 85,000

 

5位 Eaton(自動車部品製造)

売上高:$20,800M(2兆2,880億円)

 

4位 CRH(建設資材製造)

売上高:$28,500M(3兆1350億円)

  • CEO: Albert Manifold
  • Industry: Construction Materials
  • HQ Location: Dublin
  • Website: https://www.crh.com/
  • Employees: 85,363

 

3位 Medtronic(医療機器製造)

売上高:$29,700M(3兆2,670億円)

 

2位 Johnson Controls International(機械製造)

売上高:$30,700M(3兆3,770億円)

 

1位 Accenture(コンサルティング)

売上高:$39,100M(4兆3,010億円)

 

気になるアイルランド企業を確認しませんか?

「展示会で新しい引き合いをもらったが、信用できる会社かわからない」

「既存の取引先で支払いが滞りがちな会社がある」

距離的な制約から、海外企業の経営状況を知ることは困難を極めます。

クレディセイフではレポートをお試しで1件提供するキャンペーンを行っていますので、ぜひご利用ください。

全世界3億2,000万件のレポートをすぐにお手元へ

無料レポートを依頼する

※法人様限定、クレディセイフのお客様は依頼できません

 

出典一覧

アイルランドの基礎情報

アイルランド企業の売上高トップ10

-各国の商習慣
-, ,

Copyright© 与信管理のすべて , 2019 All Rights Reserved.