各国の商習慣

フィリピン進出で知っておきたい商習慣・経済情報

投稿日:

フィリピンは、ASEANの中でインドネシアに次ぐ2番目の人口を有し、アジアの中で最も*人口ボーナスが続く国と言われています。

人口約1億人のうち、40%以上が20歳未満と、豊富な若年労働力と旺盛な消費意欲を背景に、毎年のようにGDP比6%~7%の高い成長を続けています。

また、公用語として広く英語が活用され、国民のほとんどが英語を流暢に話すことができるため、IT-BPO産業(オフショアリング)等のサービス業従事者の割合が約6割を占めています。

教育水準の高い人材を安価で雇用できるメリットがある一方で、インフラに課題を抱えており、特に道路や鉄道などの物流インフラが整っていないこと、電力料金が高いことが指摘されています。

これにより製造業の発展が遅れていることから、現ドゥテルテ政権では、インフラ整備を最重要課題として位置づけ、「Build Build Build」というスローガンの下、2022年までに17兆円という大規模な予算を投下すると公言しており、インフラ整備を急ピッチで進めています。

この公約の甲斐もあってか、フィリピンを中国やベトナムのような製造拠点として見る動きや、今後の人口増に伴う需要拡大を見据え、現地市場を狙う外資系企業も増えてきています。

日本企業の進出例を挙げると、和民や牛角、らーめん山頭火などの外食産業をはじめ、2012年にファーストリテイリングが、2014年にはローソンが出店を果たすなど、日本企業の進出が加速しています。

 

*人口ボーナス…総人口に占める働く人の割合(15歳~64歳の人口)が上昇し、経済成長が促進されることを指す。

 

そのようなフィリピンへ進出したい、フィリピン企業と取引をしている方向けに、経済に特化した情報を共有いたします。

 

基礎から学ぶフィリピンの経済情報

フィリピンの基礎情報

  • 公用語: フィリピノ語、英語
  • 首都:マニラ首都圏(NCR)  (人口:1,288万人,2015年)
  • 人口:1億98万人(2015年)
  • 国土面積:約30万km²(日本の約0.8倍)
  • GDP(名目):3,310億 USドル ※2018年(日本は4兆8,721億 USドル)
  • 1人あたりGDP(名目) :3,104 USドル ※2018年(日本は3万8,440 USドル)
  • 通貨:フィリピン・ペソ(PHP)
  • 宗教: カトリック教(82.9%)、その他キリスト教(10.0%)、イスラム教(5.1%)など
  • 主要産業:農林水産業(全就業人口の22%が従事)、近年はコールセンター事業等のビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)産業を含めたサービス業が大きく成長(全就業人口の約58%が従事)
  • 祝日:14日

2017年のJETROの調査によると、日本とフィリピンの主な貿易品目は下記の通りとなっており、日本の貿易黒字が続いています。

対日貿易の主要品目(構成比):2017 年
日本の輸出: 電気機器 26億7,900万ドル(24.1%)〔うち、集積回路 6億7,400万ドル(6.1%)〕、輸送用機器 19億6,800万ドル(17.7%)〔うち、貨物自動車 5億7,800万ドル(5.2%)〕、一般機械 19億1,200万ドル(17.2%)光学機器 5億9,700万ドル(5.4%)、鉄鋼 5億1,200万ドル(4.6%)

日本の輸入: 電気機器 34億6,600万ドル(35.5%)〔うち、電気ケーブル 9億1,000万ドル(10.3%)〕、一般機械 9億7,600万ドル(10.0%)、木製品等(除家具) 8億4,300万ドル(8.6%)、果実 8億1,600万ドル(8.3%)ニッケルおよびその製品 5億5,600万ドル(5.7%)、鉱石、スラグおよび灰 3億9,400万ドル(4.0%)

貿易額 日本の輸出 日本の輸入 収支
2013 9,685 9,214 471
2014 9,877 10,201 △324
2015 9,487 8,872 615
2016 10,357 9,074 1,283
2017 11,133 9,777 1,356

(単位:100万ドル)

出所:マレーシア投資開発庁よりジェトロ作成

 

フィリピン企業の財務情報は高確率で入手可能

フィリピンでは、全ての企業が決算書を決算日から105日以内にフィリピン内国歳入庁(BIR)へ提出する義務があります。

決算期は12月の企業が多く、原則7~9ヶ月後に、決算書が入手可能になります。

クレディセイフでは、様々な公的機関、および現地の有力なパートナーから情報を入手し、レポートを作成しています。

 

フィリピン企業の売上高トップ5  ※Forbes Global 2000より

※2019/5/22時点、売上高は百万ドル、日本円は110円換算

5位 BDO Unibank(銀行)

売上高:$3,400M(3,740億円)

  • CEO: Nestor Tan
  • Industry: Regional Banks
  • HQ Location: Makati City
  • Website: https://www.bdo.com.ph/
  • Employees: 34,000

4位 Ayala(コングロマリット)

売上高:$5,200M(5,720億円)

3位 JG Summit Holdings(コングロマリット)

売上高:$5,300M(5,830億円)

2位 SM Investments(小売、ショッピングモール)

売上高:$8,500M(9,350億円)

1位 Top Frontier Investment Holdings(石油・ガス)

売上高:$19,000M(2兆900億円)

 

気になるフィリピン企業を確認しませんか?

「展示会で新しい引き合いをもらったが、信用できる会社かわからない」

「既存の取引先で支払いが滞りがちな会社がある」

距離的な制約から、海外企業の経営状況を知ることは困難を極めます。

クレディセイフではレポートをお試しで1件提供するキャンペーンを行っていますので、ぜひご利用ください。

全世界3億2,000万件のレポートをすぐにお手元へ

無料レポートを依頼する

※法人様限定、クレディセイフのお客様は依頼できません

 

出典一覧

フィリピンの基礎情報

フィリピン企業の売上高トップ5

-各国の商習慣
-, ,

Copyright© 与信管理のすべて , 2019 All Rights Reserved.