与信管理

リスクを防ぐ!与信管理担当者の業務とは?

更新日:

与信管理担当者が行うべき6つの業務

与信管理業務には、次のような業務があります。

①契約書作成/確認

企業間取引では、取引開始時に契約書を取り交わします。

基本的には商品・サービスを提供する側より「売買基本契約書」を送付します。

同契約書には、商品・サービスの引渡し方法や支払条件、免責事項などの取引条件が記載されており、トラブルが発生した際の重要な書類となります。

自社が商品・サービスを購買する際には、相手から送られてくる契約書に不利な条件がないかをチェックし、場合によっては修正を申し入れる必要があります。

②新規取引先の審査

新しく企業と取引を開始する際は、必ず審査します。

ここでは取引可否だけでなく、売掛けをどこまで許容するか(与信限度額の設定)や担保の要否などを判断します。

ほかにも、どのような支払条件で取引をするかも含めた、総合的な判断が必要です。

 

③与信限度額の管理/見直し

定の与信限度額を超えた取引先がないかをチェックし、ときには営業担当者へ指導する必要があります。

また、定期的に取引先の業績を確認し(決算期毎を推奨)、好調な企業へは、与信限度額を増額し、営業部門へ取引拡大を促します。

反対に業績悪化している企業には、与信限度額を減額し、取引総額を抑えるよう指示するなど、貸し倒れリスクを考慮する必要があります。

 

④取引先の経営状況把握

与信管理担当者は、営業や購買部門、経理部門等の関係部署の担当者と積極的に情報を交換し、違和感があればすぐに確認・対策を練ることができるよう取引先の状況把握が大切です。

また、よくない噂を聞いた際は、営業担当者に情報収集の指示を出すのはもちろんのこと、信用調査会社に依頼して、その真偽を調べることも必要です。

特に、中小企業の場合は決算書非公開が多いため、信用調査会社へ調査依頼をすることで、決算書入手できる場合もあります。

そうでなくとも、取材時の状況を共有してもらうことで、判断の参考にもできます。

 

⑤社内関係部署への与信管理規定や要注意先企業の周知

取引先に接している営業担当者は与信管理業務のトップバッターです。

怪しい兆候がないかを事前に察知してくれます。

また、取引先と営業担当者の間に信頼関係があれば、直接決算書を入手することも可能なため、営業担当者とは密に連携を取り、与信管理を啓蒙していく必要があります。

 

⑥倒産発生後の処理業務

倒産や1度目の不渡り情報の把握など、不良債権が発生した/する可能性が高い時に与信管理担当者が真っ先にすべきことは、当該企業へ対する債権額を確認し、営業担当者に伝えることです。

そして、今後どのようにして債権を回収していくか対策を、経営陣を含めた社内関係者を集めて検討する必要があります。

最悪の場合、納品済の自社商品を引き揚げることも必要となります。

 

気になる取引先を確認しませんか?

「引き合いがあるが、信用できる企業かどうか参考になるものが欲しい…。」

「取引先からの入金が遅れて困っている…。」

「決算書を入手してもどう判断すればよいかわからない…。」

クレディセイフではレポートをお試しで1件無料で提供するキャンペーンを行っていますので、ぜひご利用ください。

国内500万社850万件のレポートをすぐにお手元へ

無料レポートを依頼する

※法人様限定、クレディセイフのお客様は依頼できません

 

1時間で学べる与信管理の基本の「き」

  1. 与信管理の必要性
  2. 企業規模で変わる与信管理体制
  3. リスクを防ぐ!与信管理担当者の業務とは?
  4. 新規企業との取引前に必要な与信審査
  5. 営業主導による与信管理の実践で売上げアップ
  6. 自社でできる信用調査
  7. 重要度に応じて使い分け!信用調査会社の賢い選び方
  8. 商業登記簿と不動産登記簿を取得して取引先の信用性を確認する
  9. 取り込み詐欺(パクリ屋)にご用心
  10. 決算書が入手できない場合の与信判断はどうすればよいか?
  11. 2種類ある粉飾~粉飾と逆粉飾~
  12. 中小企業への与信は経営者に注意
  13. 取引先の悪い噂を耳にしたら?リスクの高まる兆候と取るべき対策
  14. 取引先の支払遅延が発生したら
  15. 当てはまるところがあれば即撤退!取引中止を決める取引先の兆候とは
  16. 取引先の倒産が発覚したら、状況把握を第一に
  17. eコマースの与信管理はスピードが命
  18. 中小企業への融資は儲からない?変革が求められる金融業界
  19. スコアリング融資失敗の原因は理解不足にあった
  20. 審査担当者はもう必要ない?AIを搭載したスコアリングモデルの可能性

-与信管理
-

Copyright© 与信管理のすべて , 2019 All Rights Reserved.