与信管理

新規企業との取引前に必要な与信審査

更新日:

会社の将来を担う与信審査

与信審査は、取引可否を判断する重要な業務で、会社の将来を担う一大イベントといっても過言ではありません。

なぜなら、誤った判断をして取引先が倒産してしまうと、会社に大きな損害を与えてしまうことになるからです。

安全性の高い優良企業とのみ取引できれば、焦げ付きリスクを減らすことができると思われるかもしれませんが、そのような企業には既に他社が深く入り込んでいる可能性が高く、商機は薄いでしょう。

となれば、他社では取引をしないような多少リスクのある企業との取引を考えることも必要です。

 

リスクのある企業との取引

モノやサービスが溢れる昨今、新たに販売先を探すことは至難の業です。かといって、やっと見つけた見込み先企業を、社内基準に満たないからといって、取引不可と判断してはいけません。

そのような場合はなるべく貸し倒れリスクが低くなる取引条件を検討しなければなりません。

どんな商売でも初めは細々と始まるものです。

いまは取引額の小さな相手でも、相手の事業が成長していくことで取引も拡大していき、将来、大口取引先となる可能性を秘めています。

そのため、審査担当者は代金が回収できるかだけでなく、取引先企業に成長性があるかどうか、自社にとって大事な顧客に育つかどうかの2つの軸を持って、審査を行う必要があります。

 

与信審査の手順

一般的な与信審査の手順は下記の通りとなります。

与信審査の手順

  • 取引先が提出した会社案内やウェブサイトを見て、業種、代表者経歴、業歴等の基本情報を把握。
  • 企業情報レポートを確認、さきほど確認した項目と照らし合わせて不自然な点がないかを確認
  • 決算書が入手できている場合は、大きく動いている数値がないか確認
  • 取引可否の判断、取引条件や与信限度額を設定

違和感のある部分は与信管理担当者が先方へ電話をして確認します。

場合によっては、直接面談をすることもあります。

直接会って話を聞くことで、数字の裏付けはもちろん、数字だけでは分からない社内やそこで働く人の雰囲気なども感じ取ることができ、今後の展望や方向性の納得感を得ることができます。

特に中小企業では、経営者能力がダイレクトで経営に表されることが多いため、会話を通して、経営者の資質に触れることは極めて重要です。

与信審査に必要な心構えは前述した通りですが、取引を迷っている際に最終的な判断を下すのは日ごろの審査業務で培った担当者や社長の感覚です。

日頃から業界動向はもちろん、世の中の動きにアンテナを張り感性を養うことが、より良い判断をすることに役立ちます。

 

1時間で学べる与信管理の基本の「き」

  1. 与信管理の必要性
  2. 企業規模で変わる与信管理体制
  3. リスクを防ぐ!与信管理担当者の業務とは?
  4. 新規企業との取引前に必要な与信審査
  5. 営業主導による与信管理の実践で売上げアップ
  6. 自社でできる信用調査
  7. 重要度に応じて使い分け!信用調査会社の賢い選び方
  8. 商業登記簿と不動産登記簿を取得して取引先の信用性を確認する
  9. 取り込み詐欺(パクリ屋)にご用心
  10. 決算書が入手できない場合の与信判断はどうすればよいか?
  11. 2種類ある粉飾~粉飾と逆粉飾~
  12. 中小企業への与信は経営者に注意
  13. 取引先の悪い噂を耳にしたら?リスクの高まる兆候と取るべき対策
  14. 取引先の支払遅延が発生したら
  15. 当てはまるところがあれば即撤退!取引中止を決める取引先の兆候とは
  16. 取引先の倒産が発覚したら、状況把握を第一に
  17. eコマースの与信管理はスピードが命
  18. 中小企業への融資は儲からない?変革が求められる金融業界
  19. スコアリング融資失敗の原因は理解不足にあった
  20. 審査担当者はもう必要ない?AIを搭載したスコアリングモデルの可能性

-与信管理
-,

Copyright© 与信管理のすべて , 2019 All Rights Reserved.