与信管理

与信管理の必要性

更新日:

与信という言葉の意味

与信とは、文字通り、信用を与えるという意味です。

企業間取引では、商品やサービスを先に納品し、後日支払いをしてもらうことが一般的で、これを「信用取引」といいます。

相手が代金をしっかり支払ってくれることを見越して、支払前に商品を納品すること。それが互いに信用を得て取引する=与信がある、という意味を表しています。

 

すべての取引を前金でもらえれば与信の必要なし。ただ現実的には難しい

企業間取引はその特性上、商品を渡してから代金を受け取るまでにどうしても時間を要してしまいます。

しかも納品後に取引先が倒産してしまうと、代金回収が長期化し、最悪の場合回収不能となってしまいます。

この間に発生する対応コスト(債権者説明会への参加、社内での報告などをする与信管理部門の人的コスト、担当営業パーソンのモチベーション低下など)を考慮すれば金銭面だけでの問題ではないことが容易に分かります。

焦付きで発生する金銭面以外の事

  • 滞留債権の回収に費やす人的コスト
  • 担当スタッフのモチベーション低下

そのため、契約・取引開始をする前に取引先がしっかりと代金を支払ってくれるのか、前もって回収リスクを分散させておくべきだ、という姿勢をとる必要があります。

ちなみに与信をしない、という選択をする場合は、取引額をすべて前金で支払ってもらわなければなりません。このとき取引リスクは当然ゼロとなります。

実際に製品力やブランドがある企業は初回取引時には前金でしか受け付けないケースもあります。

ただしその後、取引が拡大していく中で、全てを前金のまま取引を続けることは資金繰りの観点から非常に負担が大きく、現実的ではありません。

そのため、長期的な取引を行う上で、信用取引は必須なのです。あらゆる企業間取引は信用で成り立っていることが窺えます。

 

与信管理の必要性

売掛金を回収するまでのことを与信管理といいます

信用取引には回収リスクが常に存在しています。そのリスクを最小限に抑えるために、売掛金を管理することを与信管理と呼びます。

ビジネス環境の変化が激しい昨今、インターネットを活用したビジネスで中小企業が活躍する一方で、大企業でもトレンドに追いつけずに業績悪化、経営に影響を及ぼすまでに落ち込んでしまうことが当たり前の時代になりました。

また、長年付き合いがあり信用のおける企業が、実は代表の放漫経営から資金繰りが厳しくなっていたりするなど、実際にヒアリングしなければ分からないこともあります。

貸し倒れを回避するためには、取引先の経営状況や業界の動向に常に注意を払うことが大切です。

例えば、業績が下がった企業の与信限度額(当該企業に対する年間の取引上限額)を減らす、支払遅延が発生した企業には今後の取引は前金比率を増やさない限りは取引を受け入れないなど、取引先の状況に応じた策を講じることで、万が一の倒産リスクに備えることができます。

 

1時間で学べる与信管理の基本の「き」

  1. 与信管理の必要性
  2. 企業規模で変わる与信管理体制
  3. リスクを防ぐ!与信管理担当者の業務とは?
  4. 新規企業との取引前に必要な与信審査
  5. 営業主導による与信管理の実践で売上げアップ
  6. 自社でできる信用調査
  7. 重要度に応じて使い分け!信用調査会社の賢い選び方
  8. 商業登記簿と不動産登記簿を取得して取引先の信用性を確認する
  9. 取り込み詐欺(パクリ屋)にご用心
  10. 決算書が入手できない場合の与信判断はどうすればよいか?
  11. 2種類ある粉飾~粉飾と逆粉飾~
  12. 中小企業への与信は経営者に注意
  13. 取引先の悪い噂を耳にしたら?リスクの高まる兆候と取るべき対策
  14. 取引先の支払遅延が発生したら
  15. 当てはまるところがあれば即撤退!取引中止を決める取引先の兆候とは
  16. 取引先の倒産が発覚したら、状況把握を第一に
  17. eコマースの与信管理はスピードが命
  18. 中小企業への融資は儲からない?変革が求められる金融業界
  19. スコアリング融資失敗の原因は理解不足にあった
  20. 審査担当者はもう必要ない?AIを搭載したスコアリングモデルの可能性

-与信管理

Copyright© 与信管理のすべて , 2019 All Rights Reserved.