与信管理

商業登記簿と不動産登記簿を取得して取引先の信用性を確認する

更新日:

商業登記簿で確認する4つのポイント

商業登記簿で確認すべきポイントは4つあります。

①資本金

商業登記簿では、まず資本金を確認しましょう。

会社法施行により、資本金1円で会社が設立できるようになり、過少資本の会社も目立つようになりました。

フリーコンサルタントや人材派遣業、インターネット関連ビジネスなどの事業は、比較的小資本でスタートさせることができますが、一般的に会社経営には、資本金が300万円は必要です。

また業歴の浅い企業に対しては、資本金1,000万円を目安に考えましょう。

 

②社名

会社の目的に本業と関係のない事業内容が記載されていないか、有名企業に意図的に似せたような商号になっていないかなどに注意しましょう。

短い期間で繰り返し商号変更を行っているなど不審な点があれば、パクリ屋の可能性を疑うことも必要です。

 

③代表者氏名、年齢

代表者の氏名が、コーポレートサイトなどの公開情報と一致しているかを確認しましょう。

その際、生年月日や経歴から、年齢を確認することも重要です。

経営者の平均年齢は年々上昇しており、60歳前後がピークで、70歳を境に引退をしていく傾向にあります。

80歳を超えてなおも現役で、代表取締役として第一線で活躍をしている場合には後継者の有無を確認することが必要です。

 

④代表者や役員の倒産歴の有無

代表者や役員の名前で過去に倒産に関わった例がないかを確認します。

検索エンジンにて「人物名+倒産」などのキーワードで確認します。

倒産を経験した人物は、意図的でなくとも再び経営不振に陥った際には立て直すことより倒産する方を選択しがちで、倒産歴の有無には注意が必要です。

なお取締役の退任/再任に併せて商業登記簿上では過去の事項に下線を引きますが、これも必要以上の退任には併せて注意が必要です。

 

不動産登記簿で危ない取引先を見抜く

所在地が分かれば、法務局へ電話をし地番を聞き、オンラインで不動産登記簿を入手することができるようになりました。

特に中小企業の代表者は、金融機関から借り入れを行う際に自宅を担保に入れていることが多いため、不動産登記簿を確認することで金融機関からの借入状況を掴むことができます。

確認事項は担保設定権者名と金額

まず、担保設定権者にノンバンクや整理回収機構(RCC)の名前があれば要注意です。

金利の高いノンバンクから借り入れがある場合は、それだけ資金繰りに困っているということを表しています。

また、整理回収機構は金融機関から債権を買い取り、回収を専門に行うサービサーのことで、整理回収機構に債権が譲渡された時点で、その金融機関からの追加融資を受けることが不可能となります。

仮に運転資金がない場合は他の金融機関を探すことになるのですが、結局は新規の借り入れ先が見つからず、倒産してしまう会社も少なくありません。

また、担保金額が物件の価値以上に担保設定されている場合は、他の物件と共同担保になっている場合があります。

その場合は共同担保目録を入手し、不動産登記簿と見比べて、所有者や担保設定状況を確認しましょう。

 

気になる取引先を確認しませんか?

「引き合いがあるが、信用できる企業かどうか参考になるものが欲しい…。」

「取引先からの入金が遅れて困っている…。」

「決算書を入手してもどう判断すればよいかわからない…。」

クレディセイフではレポートをお試しで1件無料で提供するキャンペーンを行っていますので、ぜひご利用ください。

国内500万社850万件のレポートをすぐにお手元へ

無料レポートを依頼する

※法人様限定、クレディセイフのお客様は依頼できません

 

1時間で学べる与信管理の基本の「き」

  1. 与信管理の必要性
  2. 企業規模で変わる与信管理体制
  3. リスクを防ぐ!与信管理担当者の業務とは?
  4. 新規企業との取引前に必要な与信審査
  5. 営業主導による与信管理の実践で売上げアップ
  6. 自社でできる信用調査
  7. 重要度に応じて使い分け!信用調査会社の賢い選び方
  8. 商業登記簿と不動産登記簿を取得して取引先の信用性を確認する
  9. 取り込み詐欺(パクリ屋)にご用心
  10. 決算書が入手できない場合の与信判断はどうすればよいか?
  11. 2種類ある粉飾~粉飾と逆粉飾~
  12. 中小企業への与信は経営者に注意
  13. 取引先の悪い噂を耳にしたら?リスクの高まる兆候と取るべき対策
  14. 取引先の支払遅延が発生したら
  15. 当てはまるところがあれば即撤退!取引中止を決める取引先の兆候とは
  16. 取引先の倒産が発覚したら、状況把握を第一に
  17. eコマースの与信管理はスピードが命
  18. 中小企業への融資は儲からない?変革が求められる金融業界
  19. スコアリング融資失敗の原因は理解不足にあった
  20. 審査担当者はもう必要ない?AIを搭載したスコアリングモデルの可能性

-与信管理
-,

Copyright© 与信管理のすべて , 2019 All Rights Reserved.